先日から気分が憂鬱だ.憂鬱というより動悸的なものがやばい.何も考えないでいると心臓が拍動しすぎて気持ち悪くなって吐きそうになる.

結局何なんだろう.これは.教員たちからの説教嫌味期待文句.もう訳がわからない.

あの人たちは以前授業の中である一つのグループを潰した.叩けば叩くほど伸びると信じて叩きすぎたと言っていた.今年は反省してその授業を穏やかに行っているそうだ.結局私のいる学年は実験台.
彼らはそのグループに対してしたことを私一人にふっかけるつもりなのだろうか.それはあまりにも自意識過剰すぎるな.誰も私に期待なんかしていない.叩けば叩くほど伸びるなんて微塵も思っていないだろうし,その結果私がどうなろうと知ったことじゃないんだろう.たかが教員だ.彼らだって人間でそれぞれ家庭を持っている.赤の他人の私なんかに関心を持つ必要もその理由もない.ただただ自己満足の世界だ.

私は人を嫌わない.つもりでいた.だけどそれもペテンなのかもしれない.あれほど私が尊敬していた教授が私の発言をことごとくペテンだと言ってくるんだ.間違いない.自分が信用し尊敬しようとした相手の発言すら信用しないんじゃ私の価値なんて0未満だ.そもそも私に価値なんてないが.
あれほど大好きでいた教員たちに怒りを覚えているのかもしれない.だがそれも見当違いだ.私は教員たちが大好きだ.

私はこの文を書いている私自身に酔っているようだ.遅れてきた厨ニ病.むしろ小学校の頃から引きずりつづけているのかもしれない.

小学校といえば私のあまりの出来の悪さに小学校からやり直して来いとも言われたな.この学校に来て堕落しきったせいで懸命に努力し続けてきた小中学校時代のことまで否定された.されたか?否定まではしていなかったかもしれない.小学校の頃からペテンだったんじゃないの?というようなことは言われたが.

私は今でもそんな教員たちが大好きでいるんだから病気だ.マゾヒストなのかもしれない.尊敬している.人の本質を見抜いてそれをオブラートに包むこともなく本人に直接ぶつけることのできる人たちだ.大人だ.自分の研究結果に溺れて多少驕りのすぎる教員もいるがそれでもその観察眼はすさまじい.彼らはその目で本質を抜き取る.生粋の研究者だ.

彼らに対してあーだこーだと文句をつけることは簡単だ.学生はそうやって現実から目をそらす.そうやって自分の身を守る.みんなそうしてるんだから私だってそうすればいい.しないな.私は考えるだけだ.いや考えすらしない.

以前私のクラスメイトは私に対して「何も考えていないだろお前」といったまた別の人は「何も考えてなくて気楽そうでいいね」といった.その通りだとしか言えない.私は何も考えていない.すべて現実でしかないし,全て結果だ.考えたところでその結果は変わらない.だから私は傷つかない.すべてそこにあるだけだ.

結果に対してなにも考えなくなって,そのうち先のことも考えなくなったから,私はこうなってしまったんだろう.勉強する意味.それは将来自分と出会って仕事をする人に迷惑をかけないためだ.私が努力し,新たな何かを完成させた時に助かるはずの命を助けるためだ.今は未来につながっている.今の努力が行動がすべてが未来の結果だ.私はただそれを受け止めているだけ.先のことをなにも考えずに行動していたらそれはなんの意味もない.私はこの4年間ただひたすらに自分の時間を溝に捨て無駄にし続けてきた.

こうやって自分語りをしているのは楽しいかもしれない.自分中心の話をし続けているし,自分に酔っているんだからそれも当然だ.こんな文書いてる私かっこい〜.超鬱っぽ〜い.誰か心配して〜.馬鹿馬鹿しいな.私は誰かに心配して欲しくてこんな文章書いてるんじゃない.

自分の話をしている時は人間だれでも楽しいものだ.
私は誰にも相談しないし,誰にも話さない.今まではこうして文にすらしていなかった.でもこうして文字にして吐き出すと少しは楽になる.

だんだん気持ちが明るくなって来たかもしれない.では,ここで「人に相談する」ということについて考えてみる.
「人に相談する」ということは自分の悩みを話すということだ.
私はそんなことできない.ここに書いているようなことを人に話すなんて恥ずかしさのあまりに話している途中で自殺しそうだ.
話がそれた.先述したが人に話すということは自分中心の話ができるわけでつまり快楽だ.だから黙って話しを聞いてくれたり親身になって話を聞いてくれる人というものは人から受けがいい.都合がいいんだろう.そんなこと意識して話してる人はそんなに多くないだろうけど,無意識的にそういう人を頼りにしてそういう人にお悩み相談をする.自分のことを話して楽しんだ上に人と人と悩みの共有までできるんだ.相談する側には利点しかない.更に相談相手が解決策まで提示してくれたらこれほど都合のいいことはないだろう.ただ大概は解決策なんか求めていなくてただ話を聞いて欲しいだけだ.
欠点は相談相手を間違えた時に現れる.上から目線で指示してきたり,相談者のことを否定してくるような相手だった時,それは相談者にとって最悪だろう.相談者はただ話を聞いて欲しいだけなのだから.ここで素直にアドバイスを聞けるような人はそもそも相談なんてほとんどしないし,相談相手を間違えたりしない.
では話を聞く側に利点はあるだろうか.人間損得勘定で生きているんじゃないという考えもあるが,利点・欠点に分けて話すというのは非常に楽で明快な文章にしやすい.
また話がそれた.聞く側の利点だが,それは相談してきた相手のことを知ることができることくらいだろう.あとは人がどんなことで悩むのかも知ることができる.
一つ目の「相手を知ることができる」については興味のある異性であったり仲良くなりたいと思っている相手であればいいだろう.しかし,そうでない相手からの相談は苦痛でしかない.聞きたくもない話を延々と聞かなければならないからだ.その話をきっかけに仲良くなって職場でもうまくやっていけるようになったらそれこそペテンだと私は思う.ここでいうペテンは違うかもしれない.この場合偽善が正しそうだ.
正しいの定義も曖昧だがここではそれについて話さない.いつか話すかもしれないけどきっと話さないだろう.人によってこれほど定義の異なる言葉について時間を割くことに意味はない.誰もが自分の定義を大切にすればいい.
聞く側の利点を一つ上げたところで今度は欠点について考えてみよう.それはおそらく人の悩みを聞いてしまうことだ.真剣に人の悩みを聞く人はその悩みを真剣に解決しようとするだろう.それによって相談された側まで悩まなくてはならなくなる.これは非常に大きな欠点じゃなかろうか.嫌そうでもないのかもしれない.今の人たちは一緒に悩みを共有して一緒に悩むことをいいことだと考えていそうだ.
なんだかよくわからなくなってしまったが,私の意見はひとつ.「人に悩みを相談するということはその人も悩ませることになるという覚悟ぐらいしてから人に相談しろ」ということだ.

今日も長々と文章を書いてしまったところで終わりとしようか.明日からの学校も頑張っていこう.
教員たちから言われたことについてひたすらに考えながら.

広告

意味?いみ?イミ?IMI?イミッテナンダ?

意味論とかいうものについて少々・・・

一週間前くらいに化けの皮が剥がれたらという記事を投稿したがあの日以来私の日々は最悪だ
全部自分が悪いのはわかってる
学科の先生方は会うたびに小言を言ってくる,かと思えば「君はできる」「信じてる」だの前向きな言葉をかけてやる気にさせようとしてくる教員もいる.期待や信頼といった言葉によって相手のその面を引き出す常套手段だ.教員は恐ろしい.
全部自分が悪い

くそが

物に八つ当たりして文章に吐き出して,厨ニ病かのような振る舞いをして楽をしようとしてる自分が気持ち悪い

俺なんか死ねばいい

さて本題.最初に書いた意味論についてだ.
数学を勉強するイミってなんだろう.私は今数学の勉強をしている.将来のため?直近では再評価試験で合格するためだな.しかしそのあとはどうする?そのあとどころか単位を取るための勉強なんてイミがない.じゃあなんのために勉強する?わからない.自分が一生するであろう仕事において一流の人に会うのがひとつの手らしい.その人が一流になるまでに一体どんな「道具」を使ってきたのか.その辺りを目安にイミを見つければいいらしい.人に言われた方法で得たイミにイミなんてあるのか.そもそも人に言われた方法なんかじゃ本当のイミは見つからないと思う.

頭の中がグチャグチャだ

「詐欺師」こんなレッテル1つ貼られただけで私の発言はすべて何の意味もなさなくなった.私が本心で思ったことを言っても「またそんなペテンには騙されないぞ」と返されたらぐうの音もでない.

悪いのはすべて自分だ.人に話して文章にして同情して欲しいなんて微塵も思っていない.

私が生きるイミは?そんなもの考えるだけ無駄だ.私は一体どれだけの時間を溝に捨ててしまったのだろうもう後悔しかない.くそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそ

本当に俺は死ねばいい

明日からも勉強がんばろう.ネットって怖い.

教員なんてもう知らない

どうやら私が所属する学科の教員たちは陰口のように至るところで私の悪評を垂れているようだ.そろそろ私の心が音もなく砕け散りそうだが,それだけ愛されていると考えて頑張ろう.

さて今日は振動工学レポートを2時間ほどかけて終わらせた.時間がかかるのはいいが,いろいろ抜けてるところがあって定期試験が心配になる.明日の授業で担当教員に何を勉強しておけばいいのか聞いて80点以上取らなければ・・・.

定期試験という言葉が出てきたので少し触れておこう.私は学生なので当然試験によって成績を評価される.私が陰口を言われる原因となっているのもその試験である.まずは6月の頭頃にあるその試験で今までに無いような点数を取らなければ.そして彼らの発言を後悔させる.

教員なんてもう知らないというタイトルに反して教員を意識しまくった内容になってしまった.とにかく今日もまだまだ勉強する.

どうせこれから必要となる知識なんだ今勉強して今身につけよう

化けの皮が剥がれたら・・・?

今日は朝から晩までひたすらレポートを書いていたおかげで数学の勉強が何もできなかった.レポートはなんとか提出できそうだし,学校帰りにマセマ出版のキャンパスゼミシリーズ「フーリエ解析」,「複素関数」の2冊が買えたからよしとしよう.
明日からはこの「フーリエ解析」を解いてなんとか一週間で終わらせる.

それはさておきどうやら私は学科会議で教員たちから散々なことを言われているようだ.そのせいで尊敬する学級担任まで他の教員から責められているそうで・・・.
私に否があるのは間違いないので大好きな教員たちに歯向かったりするつもりもないが,言わせたままにしておくのは悔しい.というか腹が立つ.「ついに○○の化けの皮が剥がれた」「○○は詐欺師だ」なんて言われたら腹が立たない人なんていないだろう.ということでめちゃくちゃ努力して見返してやる.剥がされた皮の下に隠れていたのは貧弱な私ではなく教員たち全員を食べつくすほどの熊のような私だ.そして敬愛する学級担任の汚名も返上する.

今日今この瞬間から頑張る

[備忘] texにソースコードを載せる

本日はTeXを用いてレポート作成を行う際に必要となるであろうソースコードの記載方法についてまとめておこうと思います.環境はいつも通りUbuntu14.04です.

参考にしたサイト様
TeXでソースコードを埋め込む

ソースコードを記載する際にはlistings.sty・jlisting.styという二つを使うらしいです.二つ目のstyファイルは一つ目のstyファイルを日本語対応させるためのマクロのみが含まれているようです.

それぞれのファイルが下記ディレクトリ内に含まれているか確認してみましょう.
/usr/share/texlive/texmf-dist/tex/latex/listings
端末上のコマンドでtexliveをインストールした方は恐らくこの辺にディレクトリがあるはず.なかったら頑張って探してみてください.

私はこのディレクトリ内にlistings.styというファイルはあったのでjlisting.styというファイルだけダウンロードして同ディレクトリに突っ込みました.

ファイルを移動する際に権限の関係で弾かれる方は
$ sudoΔsuΔ –
と打ってrootになり
# cdΔ/usr/share/texlive/texmf-dist/tex/latex/listings
でstyファイルをコピーしたいディレクトリに移動し
# mvΔ/ダウンロード/jlisting.styΔjlisting.sty
というコマンドによってファイルを移動できるかもしれません.(Δの部分はスペースです.)ただしこの操作によって何らかのトラブルが発生しても当サイトは責任をもちません.
ちなみにここからlistings.sty本体もダウンロードできるそうですが,私は試していないのでやり方など分かりません.

さて,二つのstyファイルを無事listingsディレクトリ内に用意することが出来たら次はインストールです.
$ cdΔ/usr/share/texlive/texmf-dist/tex/latex/listings
でディレクトリを移動し
$ sudoΔmktexlsr
というコマンドによってインストールします.
これで使えるようになったはずです.

では,実際に使ってみましょう.TeXのプリアンブルに以下を書き加えてください.
\usepackage{listings,jlisting}

\lstset{%
language={C},
basicstyle={\small},%
identifierstyle={\small},%
commentstyle={\small\itshape},%
keywordstyle={\small\bfseries},%
ndkeywordstyle={\small},%
stringstyle={\small\ttfamily},
frame={tb},
breaklines=true,
columns=[l]{fullflexible},%
numbers=left,%
xrightmargin=0zw,%
xleftmargin=3zw,%
numberstyle={\scriptsize},%
stepnumber=1,
numbersep=1zw,%
lineskip=-0.5ex%
}
各設定は自由に設定してみてください.こちらで詳しく参照できます.

ソースコードを挿入したい場所で
\lstinputlisting{ファイル名}
 と入力することによって挿入することができます.ソースコードたちをtexファイルと同ディレクトリ内に一つのフォルダsourceとしてまとめた場合{source/ファイル名}でもソースコードを挿入することができます.

実際に
Screenshot from 2015-05-05 11:06:23といった風に書いてみると
Screenshot from 2015-05-05 11:06:36といった感じで表示される.

以上で今回のまとめは終了です.誰かのお役に立てればなにより.

[備忘] ubuntu14.04でonedriveを使う

本日はメインで使っているubuntu14.04でOneDriveを使うためにonedrive_dと呼ばれるものをインストールしてみた話.

*当サイトがきっかけでおきたトラブルに関して当サイトは一切の責任を負いません.

きっかけは,いままでWindows環境を使っていたのと今後もWindows環境が主流であることを考えるとUbuntuでもOneDriveが使えた方がいいだろうと考えたことである.

参考にさせていただいたサイト様
Linux環境でOneDriveの同期が可能な「onedrive-d」(wine不使用)
こちらのサイト様を参考に作業を進めました.

インストール方法
$ mkdir ~/OneDrive
ホームディレクトリにOneDriveという名のフォルダを作成する.

$ git clone https://github.com/xybu92/onedrive-d.git
githubからonedrive_dの関連ファイルをダウンロードしてくる.

$ cd onedrive-d
ダウンロードしてできたディレクトリに移動する.

$./install.sh
ダウンロードしてきたファイルの中にあるシェルを実行してインストールする.

設定を進める
$ onedrive-pref
でセットアップ開始
1.(STEP1/4) 途中でURLが表示されcallback URLを入力するように求められるので表示されたURLのページをブラウザで開く.
2.ブラウザ上でOneDriveアカウントのログイン画面が表示されるのでログインする.
3.ログインするとonedrive_dからOneDriveアカウントに対するpermissionについて質問してくるのでよく読んで同意する.
4.するとページが遷移するので遷移した先のURLをコピーして端末にペーストする.
成功すると「onedrive-d has been successfully authorized.」という文が表示される.

5.(STEP2/4) OneDriveを同期するフォルダを設定するか聞かれるのでYes.
6.最初の方でコマンドで作成したOneDriveフォルダを指定してあげる.(恐らくdefaultにかかれたディレクトリと同じ.)

7.(STEP3/4)数値の設定を変更するか聞かれるのでYes.
・ネットワークに接続失敗したときのリトライをする時間(デフォルトで10秒)
・何MB以上のファイルからアップロードをブロックするか

8.(STEP4/4)無視するファイルの設定をするか聞かれる
ここでyesを選択するとテキストファイルの編集ができるがVim上での編集となるため使い慣れていない方は泣きを見るかもしれない・・・(私はVimを使ったことがないので編集画面から抜け出せず泣いた)
*念のため抜けだした方法を…「:」を押すとカーソルが端末下部に移動.「wq」と入力することによって変更を保存して編集画面を終了する.

これでコマンドラインによるonedrive_dのインストールは終了である.私自身戸惑いながらのインストールであったため間違いがあるかもしれませんがご了承ください.

お手伝い

祖父が車椅子に乗るようになるという話で大家の庭をスロープにするためのお手伝いをしてきました

暑い日差しの中立ち眩みでクラクラしながら必死に作業すること4時間弱でした.私の分担は一ヶ所だけだったのでそこだけ整備して怪我もなく無事終了

祖父のため手伝えることがあったらどんどん手伝っていきたいところ…
その後には本屋さんへ行ってプログラミングの本を2冊ほど購入…!!

そろそろ真剣に身につけなきゃいけなくなったC++と,研究で必要となる関数型プログラミング言語に関する本.このGWでできるだけ勉強しておきたい