何を手本とするのか

最近暑い
ついに夏の陽気って感じで嬉しいけど暑い
海行きたい

さて,何を手本とするのか.
手本というと語弊があるかもしれないが,自分の生きる指標というか,目標というかとにかくそういうもの.
曖昧な表現は避けよう.
ここでの手本とは自分が生きる上でバイブルとなるような人・物を指すものとする.

私の尊敬する”先生”にはいくつかそういったものがあるようだ.そんな話を聞いてしまったから私もそんな手本を見つけたくなってしまった.
ますむらひろしは宮沢賢治に憧れその世界を表現した.
小5の時の担任はジョンレノンに憧れその音楽を私たち生徒に与えてくれた.

私が尊敬し慕う人達にはそんな手本をもち自分なりの芯を強く持った人たちだ.

小6の時の担任と姉にそういった手本があるのかは定かではないが,この二人は人を惹きつけるような魅力を放っているから少しベクトルが違うのだろう.

この人達を追いかけたり,この人達が憧れた人物を追いかけるのもそれはそれで面白いかもしれないが,それではただの人真似でしかないと思う.

だから私は自分で自分の手本を見つけたい.そんなことを考えてられるのも今しかない.

自分という世界を広げられるのは今だけだ.
限られた時間に何をするのか,より有意義なものにするにはやはり手本が必要になるのではないだろうか.

地元の郷土愛にも目覚めたいし,登山したり四国八十八箇所めぐりしたりしたいし…
この夏,やることはほんとに山積している.

広告

ことばにする

前回の記事の内容なんてまるで気にしないそんなスタイル.
そのうち書きなおしたり,書き足したり,書きたい内容があったりとタスク山積みになっていく.

さて、「ことばにする」.
このブログの目的だ.
私がこうしてブログを続ける理由はこれに尽きる.
辛いことも悲しいことも嬉しいことも楽しいことも感心したことも.とにかく自分の感じたことを言葉にして,文字にして認知する.

私はどうしようもなく能力が低い.
こうして文字にしないとそのときどう思い,感じ,何を考えていたのかなんてすぐに忘れてしまう.
このもやもやした感じはなんだろう.
私はいつから考えるのをやめてしまったのか.

考えるのをやめて頭を使うのをやめたらあとはひたすら劣化していくだけ.
私の脳みそはすでに空っぽだ.
何も考えることができない.
これまでは他人の気持ちだとか第三者的立場に立って考えるなんてこと無意識下でできていたのに今ではそれができない.
意識してそういうことをしようとしてもまるでできない.

頭の中にヘドロが詰まっているようだ.
しかしヘドロが発生するほど私の頭は働いていないからやはりこれは空っぽなだけなんだろう.

自分の「芯」を持つ.
どんなことがあっても決して揺るがない強い芯.
この年であれば誰しも持っているだろうに私にはそれがない.

ないついでに言うと私の行動・発言には大概理由がない.
だから今の私は意味を理由を大事にしたいと思っている.

今日は芯,そして理由について言葉にした.
こんなのごくごく一部の思いだけれどあまり時間はないからこんなものだろう.

自分の頭で考える

肘に違和感を感じる.
腕立て伏せをする度に右肘だけパキパキと音がなっていることには気がついていたが,いつしかそれが違和感に変わっていた.腕を普通に使っている分には問題ないのだが,机に肘をついたり,腕を曲げ伸ばしたりするときに感じるのだ.分厚い空気の層でもあるんじゃないかというような違和感で,机に肘を触れさせていると気持ち悪くなってくるほどだ.
生活に不自由が出てきたら病院に行こう.

さて,今日の本題.「自分の頭で考える」
先日地元で林修の講演会があったので参加してきた.
林修といったら東進ハイスクールのCMで有名になり,今では多くの人が知っている人物でしょう.

話のポイントは3点
・仕事観
・方法論
・自分の頭で考える
といった具合だ.順に話をしていく.と思ったがあまり時間もないし,内容もまとめられない.
メモ用紙はとってあるからまた時間が取れたら書く.

記事の冒頭でいつも他愛のないことを話してから本題に入っているが,これからはその日にあったことなんか書いていこうと考えている.
なぜなら,一日を振り返ることによってその日をさらに有意義な日にすることができると思うし,記録することによって少しでも意味のある日々を送りたいからだ.
この若い時代をなんとなくで過ごして毎日意味のない日々を続けるのなんてあまりにももったいない.

さらに,習慣化や限られた時間の中で情報をまとめる能力なんかも少しは鍛えたいというのも理由の一つだ.
文章を書いて人に伝えるトレーニング・日本語の語彙を増やすトレーニング.
ブログ一つとってもしっかり意味を意識すればこんなに有意義なものとなる.

最後にごちゃごちゃと書いたがこれと同じ内容を明日は落ち着いてまとめよう.